大人になってから楽器を始められた方は、
まず一番基本となる
音程の違いを聴き分ける能力を
鍛えるところから始まります。
ヴァイオリンはピアノと違い、
自分の指のタッチで音を作ります。

レッスンでは講師が横について、
音程の外れについて指摘する事が出来ますが、
家に帰って一人での練習の時には
そうはいきません。
そんな時、チューナーがあれば、
目で音程を確認する事が出来ますので、
一つの道しるべになるかと思います。

チューナーも
アプリで手に入れる事が可能です。


此方もメトロノームのところでご紹介しました
YAMAHAのものがお勧めですが、
アプリを入れておくと、
うっかり忘れてしまった時に使えるので
便利です。